海外旅行のお供の情報

海外旅行のお供│必需品

長期でも短期でもその期間にかかわらず、海外旅行では、しょっちゅう忘れ物があります。


国内なら、ほぼ現地で確実に調達できるようなものでも、海外となると、どこにでもあるとは限りません。


同様で、手続きをすればかんたんに手に入れられる物でも、現地では言葉の壁もあり、手続きもままならないことだってあります。


そういった部分を考慮すれば、知らぬ間に持ち物は多くなってしまいがちです。


しかしながら、あれもこれもと思いつくままに持っていくと、当然ですが、カバンは重くなり、移動するにも大変なことになります。




現地に関して事前に知識を集めたうえで、持ち物を入念に選ぶことが、海外旅行の準備のときにすごく重要となるでしょう。


まずは、優先的な持ち物としては、パスポートを初めとする『必需品』があるわけです。


海外旅行での基礎知識を身に付けておくことで、何が必需品であるのかすぐに判別できるでしょう。


例をあげると、いろいろな証明書も必需品に含まれるものです。
その代表的なものがビザですね。


予防接種の証明とされる『イエローカード』なども、必ず持っておくようにしましょう。


また、往復チケットを購入している場合は、帰りのチケットはぜったいになくさないようにしなければなりません。


これもまた、必需品と言っていいでしょう。
更に、現金、クレジットカードの所持も欠かせません。


ただ日本円は、持つ必要はないと思われます。
トラベラーズチェックの方が役立ちます。


これ以外には、『緊急連絡先のリスト』も必需品ということになります。
クレジットカードの連絡先や、現地の警察であったり、親戚などの連絡先を必ずメモしておくようにして下さい。


また、各種証明や書類のコピーなども、携帯しておくとより安心でしょう。

海外旅行のお供│衣類、バッグ類




海外旅行のように長期の旅行に行く場合は、きちんとスケジュールを組んでから行くことになるでしょう。


そのため、その日数に合せて着替えを持って行きますよね。


衣服などは、現地調達もできるので、さほど神経質にならなくていいと思われがちですが、場所によってそう簡単に売ってないケースもあるのではないかと思います。


なかでも、忘れてならないのは下着です。
衛生面で日本のようにはいかない国もたくさんあるため、下着類は毎日換えたいところです。


しかも、日本の衣服は世界中で、ひときわ質がいいので、現地のものだと違和感があるということもよく聞かれます。


できたら、滞在日数ぶんの下着、靴下、Tシャツ、くらいは持参しましょう。
日本より疑いなく寒い地域に出かけるのでしたら、ウインドブレーカーやダウンジャケットなども必須です。


現地のことを全く知らずに行った場合、「これほどの寒い地域だから、防寒着のクオリティが高いはず。」などと考えていると、散々な目にあいます。


日本の防寒着は、ことのほか優れており、それ以上の質はなかなか望めません。
ということで、防寒着についても、日本から持参することをおススメします。


それから、海外旅行では旅行カバンもかなり重要になります。
行きも帰りも荷物がかなりかさばるので、それを収納するバッグの役割はかなり大きいといえます。


基礎知識としては、メインに軽めのバックパック(背負い袋)を、サブにデイパック(小さめのリュック)を持参すると、外出の時に重宝します。


ジップロックなどのような防水のチャック式ビニール袋や、貴重品入れとかも重要ですから、忘れず持って行きましょう。

海外旅行のお供│電子機器

旅行に行くのは、日常から離れ、非日常を味わいたいという望みをもつ人が多いからだと思います。
それは、海外旅行ですと、より一層顕著です。


このため、日頃から使っているものを海外に持って行くのは、いまいち好ましくないと考える人は、割といらっしゃるようです。


しかしながら、本当に体ひとつで海外旅行に行くと、すぐ不便な思いをすることになるのです。


たとえ海外旅行に開放感を求めるといいましても、日常生活で慣れたことをすっかりなくすのは、難しいと思います。


海外旅行の基礎知識ということで、『最低限の物はもっていく』ということについて、しっかり学びましょう。


その最低限の物のひとつに『電子機器』があげられます。
家庭電化製品という大きい物は、もちろん旅行にはいりませんが、電子機器の中なかにも、いくつか必需品があります。


例えば、目覚ましのアラーム的なものは、すごく大事です。
朝の起きたり、交通機関の利用の時まで、さまざまに役立つので、必ず持参しましょう。


ただし、目覚まし時計、時計、カメラ、計算機など、過去に必需品にあげられていたこれら全ては、携帯電話で代用できます。


そういうわけで、いちばん大事なのは『携帯電話の電池切れを防ぐ道具』ということになります。
海外ですと、日本とはコンセントの規格が異なっているので、現地の規格に合う充電器を用意する必要があります。


また、変圧器なども必ず待って行きましょう。
電気に関する基礎知識があまりない方でも、変圧器とその取扱説明書を持参すれば、おおむね安心できると思います。

海外旅行のお供│日用品、医療品

世界にはたくさんの国があり、おのおの独自の発展を成し遂げていますが、ここにきて、その文明の進歩や文化レベルは著しく均等化しており、かつて発展途上国と言われていた国々も、今日では先進国ということで栄えている状況も目に留まります。


このような背景もあり、海外旅行では、ほとんどの所でちゃんとショッピングができるので、そんんなに旅行の準備に神経をつかうことはないと思われがちです。


しかし、それは間違いです。
日本で普通に手に入る物と、海外で買える物では、『質』の面で大変な違いが生じることがよくあります。


海外旅行での基礎知識で、「日本の商品は質が高い」ということを絶えず覚えておいた方が良いでしょう。


とくに、海外で購入すればいいと思い込まれがちなのは、『日用品』や『医療品』です。
日用品の中でも、とにかく便利なのは、輪ゴム、ビニール袋、ペン、メモ帳、そして南京錠といった鍵類です。


何と言っても、鍵類や輪ゴムは、日本製のものを持参したほうが賢明でしょう。
それに対し、現地で購入したいのは、アーミーナイフです。


なぜかと言えば、これがあったら何かと役立ちますが、機内へ持ち込みが出来ないので、日本から用意して行く事はできません。


医療品については、基礎知識がなければ、思い違いすることもあるため、ご注意ください。
消毒液、バンドエイドなどは、できるだけ日本で買ってもっていくようにしましょう。


かぜ薬なんかも、海外の物は刺激が強い成分が入っていることが多いため、日本の物が好ましいと言えそうです。


けれども、食あたりにの薬は、日本の薬を持っていっても、あまり意味がないようです。


なぜなら、海外での腹痛のほとんどは、バクテリアなどが原因なので、日本で市販されている薬では、効き目がないケースがほとんどだからです。


そういった場合は、最初から現地の病院で治療をしてもらいましょう。

ココのウェブサイト『海外旅行のお供│便利に使えるトラベルグッズとは?』海外旅行に行く時に持っていくものというのは、思っていたのと違うというケースは少なくありません。この記事を読んで頂ければある程度、必要な物が分かると思います。参考にして頂ければと思います。